2017.12.9「ウシノバ」実施報告 ① ウシノバの考え方について

2017年12月9日(土)。大手町牧場のカフェスペースをお借りして、牛を未来へつなぐアイデア会議を実施しました。今回、時間がなく駆け足で進めてしまったため、参加者の方々にもわかりやすく再度ご説明をします。

今回参加いただいた方は18名。畜産系大学の学生、牛好きの一般人の方、酪農団体の職員の方、講演いただいた埼玉県小鹿野町の酪農家吉田さん。写真展示をされていた牛写真家の高田千鶴さんにもご参加いただきました。

今回は第一回という事で、ウシノバの考え方を知っていただき、進めるにあたって共通認識を持ってもらおうと考えスタートしました。。

①ウシノバの目的・考え方・活動方針

ウシノバでは、牛の未来についてアイデアを考えたり、企画して実施する中で、ビジネスで使う手法(フレームワーク)などを取り入れていきます。参加者が興味のある「牛」というテーマで物事を考え取り組む中で、いろんな手法や考えを身につけることができれば、将来それぞれの立場、職場・環境の中で活躍できる牛人が増え、牛業界が成長していくのでは?という考えです。

②牛好き・牛業界人材が増える行動モデルイメージ

ウシノバを進めるにあたり、牛好き・牛業界人材を増やすための共通理解をしてもらうために上記の表を作りました。牛・酪農を”商品・サービス”と置き換え、消費者の購買行動モデル(AISAS)に当てはめました。

これは、人を動かす(集客・購買させる)ためのステップで、注目・認知させ→興味を沸かせ→検索し→行動し(買う)→人に共有する。というインターネットやスマホが普及した現代における購買モデルです。

牛のことを全く知らない人は、テレビやCM、インターネット、知人のSNSなどの情報や、偶然知人と牧場に足を運ぶなどから牛を知ります。その際に牛に興味が湧けば、牧場や牛のイベント、牛グッズなどの情報を検索し行動します。その行動先(たとえば牧場訪問)で魅力ある農家さんと知り合ったり、牛のかわいさを実感したりする事で、次の興味が沸き、(学校で学びたい)→(牧場実習にいきたい)→(牛のイベントを手伝いたい・牛好きを増やしたい)→(牛の仕事がしたい、牧場を持ちたい)など興味のステージがアップしていきます。さらにその先には、就農した人・後継者のやりがい・働く環境などのステージが存在します。

この表で一番伝えたい事は、牛の興味の度合いによって、知りたいこと、必要な事が変わる。そこを意識してアイデアや企画を組み立てないと、企画側の自己満足で終わってしまうという事です。興味の度合いを牛の興味ステージ(仮)と名づけ以下のように定義します。

ウシノバで考え、討議するアイデアは、各牛の興味ステージのターゲットに向け、アイデアを実施できる、提案できる形にしていくことからスタートします。

 

次回に続く

 

 

 

第1回牛を未来へつなぐアイデア会議~『ウシノバ』~in 大手町牧場

<タイトル> 酪農に興味を持つキッカケを探る!~動物好きの学生・子供たちに、酪農に興味を持ってもらおう~

第一回は大手町牧場さんをお借りして、酪農に興味を持ったもらうためにどんな事ができるか?どんな取り組みや制度があればよいかなどを一緒考えてみます。

ゲストに埼玉の酪農家 吉田さん 、牛写真家の高田千鶴さんにご参加いただきます。*当日は高田千鶴さんの写真展の最終日となります。

参加資格は、大学生または社会人でうし活の『牛好きを増やす。牛に関わる
仕事を子供たちの夢にする』という活動指針に賛同していただける方なら誰でも参加OKです。

牛の未来につながるアイデアを考えるワークショップを通じて、牛仲間と交流でき、自分のできる事を再認識したり、アイデアや企画提案を組み立てるスキルをみんなで身につけていけたりできる場になるよう進めていきたいと思います!

ぜひ興味のある方はご参加ください!

ウシノバについて

<実施概要>
開催日時12 月9 日(土)13:00~16:00
会場大手町牧場東京都千代田区大手町2-6-2 JOB HUB SQUARE 13 階
http://www.pasonagroup.co.jp/company/map_g.html
参加費:無料
定員:20 名
内容:
・うし活原よりうし活についておよびウシノバについて
・大手町牧場の見学および牧場担当者様よりコンセプトや今後のビジョンについてのお話
・酪農家吉田恭寛さん(埼玉県小鹿野町)のお話(酪農の未来についての課題と期待)
・酪農業界の課題についての共有とアイデアの出し方、実施の企画方法や考え方を学ぶ
・ワークショップ「~動物好きの学生・子供たちに、酪農に興味を持ってもらおう~」

募集方法WEB 申込みフォーム→ https://ssl.form-mailer.jp/fms/6f15d3e8541700

募集締め切り12 月3 日(日)

 

当日は高田千鶴さんの写真展最終日です!

「牧場へ行こう!」牛写真家 高田千鶴 写真展
会期:2017年11月18日(土)〜12月9日(土)
開場:平日 12:00~18:00 土 12:00~17:00 (日祝休館)
会場:大手町牧場
住所:東京都千代田区大手町2-6-2 JOB HUB SQUARE 13階

<うし活新企画>牛を未来へつなぐアイデア会議『ウシノバ』について

<うし活新企画>牛を未来へつなぐアイデア会議~『ウシノバ』~

『牛好きを増やす。牛に関わる仕事を子供たちの夢にする。』
そんな未来を描くための活動指針を掲げて活動をしている『うし活』ですが、私たちの頭だけの考えや、休日を利用した活動だけでは限りがあります。そこで新しい取り組みとして、牛業界を取り巻く多くの課題について、多くの人々の考えを頂戴し、課題解決に向けた取り組みを考え、多くの方々に公開していく企画をスタートしたいと思います。

<具体的な活動内容>
①課題やアイデアを集める(WEB アンケートや訪問インタビューなど)
②アイデア会議「ウシノバ」を実施する。←大学生以上なら誰でも参加可能(集めた課題やアイデアから、会議毎にテーマを決め、アイデアを肉付けし実施できる形にする。)
③ウシノバで出たアイデア(取り組みなど)を※うしのわでアイデア集として公開する。
④うし活で実施できるものは、うし活で実施。それ以外の内容はアイデア提供する。(団体や企業、個人など)
※うしのわhttps://theshare.info/lovecowshare/

<アイデア募集(WEB)>作成中
うし活HP、FACEBOOK ページ、うしのわサイトで募集

<アイデア会議「ウシノバ」>
場所:関東圏内(うし活の活動可能範囲内)
参加者:牛業界に興味のある大学生、社会人で、うし活の『牛好きを増やす。牛に関わる仕事を子供たちの夢にする』という活動指針に賛同していただける方なら誰でも参加可

目的牛業界を盛り上げる為のアイデア(企画、制度、取り組みなどの案)を具体化し、他の方が実施するヒントやキッカケを作る。また、話し合いなどを通して参加者自身が課題解決や企画立案などの知識を学ぶ機会となり、各々の立場や職場などで活かす事ができるようになる事を目指す。

実施イメージ:
・課題点の共有、(アンケートやインタビューなどで聞いた課題など)
・アイデアの考え方、手法の理解
・アイデアを少数グループで考える。(自分ができること、誰かにやってもらいたい、こんな制度や取り組みがあったらよいなど)
・アイデアを具体化する。(実施の詳細内容、必要なもの、手順などを考える。)
・アイデアの魅力、効果の伝え方を考える。
・アイデアをみんなで評価する

内容は進めながら具体化していきます。

「ウシノバ」起案者 うし活ファミリー 原

2017.9.27 牛好きオフ会「みんなでうしパフェを作ろう」

うし活ファミリーの原です。 2017年9月27日(水)埼玉県にあるパフェ専門のカフェ てんとう虫。パフェカフェでうしパフェを作って交流しよう!という牛好きオフ会を行いました!

まずは、うし活の説明や今回のイベントについてお話した後、11人自己紹介。今回のイベントに参加された動機、牛との接点、牛乳の飲まれる頻度などなど。

こちらの牛パフェの牛の部分をみんなで作ります!

パフェカフェの店主にパフェの土台を準備してもらいスタートです!

牛のベースとなるアイスは関東にある4牧場さんから取り寄せ。

まずは全種類1口づつ味見をして、アイスを選びます!

そして用意してもらった耳、鼻クッキー、角イチゴ、目チョコ、チョコペンなどを使い、それぞれの牛を作っていきます!

これが簡単そうに見えて難しいのです。カップアイスから顔の斜面をどのようにつけるか、耳をどうやってつけるのか・・・溶けやすいアイスとの時間の勝負!

そしてじゃじゃ~ん!!!

ミントのリボンを載せたり、お鼻にハートの最中を持参されたり!8頭の個性豊かな牛さんが並びました!!!これはギネス記録になるのでは(笑)

100円ショップで調達した人工芝に、牛のフィギュアと、後ろの牛のベンチ&子牛のぬいぐるみ!も一緒に盛り上げてくれました♪

そして食べる!溶けないうちに食べる!

食べた後は牛トークタイム!今回は牛好きな方、パフェ好き牛乳好きの方が混ざった会の為、牧場のこと、牛のこと、牛乳のことなど、たくさん話をしました!

よい機会なので、近くのスーパーで低温殺菌、一般的な殺菌(130℃2秒)、低脂肪乳、乳飲料の4種類の牛乳を購入。殺菌方法や成分の違いなどを簡単に説明した後、殺菌方法の違う牛乳を飲み比べもしてみました。

今回参加していただいたのは、牛好き3名、パフェ好き3名+お子様、うし活ファミリー、パフェ店主+お子様

うし活ファミリーも牛歴5年程度のまだまだ浅い知識ではありましたが、参加された消費者の方に、牛や牧場に少しは興味を持ってもらえていたら嬉しいです。

今度は消費者の方を連れて、牧場へ行ったり、牛乳工場などの見学イベントも企画できたらと考えています♪

ご参加いただいた方々ありがとうございました!牛好きの方々、これからも一緒に牛好き界を盛り上げていきましょう♪

うし活ファミリー 原

てんとう虫。~パフェカフェ~ 

みんなで牛イベント 共有しませんか?

各地域の牛イベント情報を共有しませんか?

うし活ファミリーのまさのりです。

牛好きの皆さん、牛のイベント、どうやって探していますか?わが家はうし活を始めた時、一般消費者として牛ネタを探す日々を過ごしていました。

Googleさんのお力を借りて、日々牛、イベント。 牧場など検索したり、牛トピックがあるとメールで知らせしてくれるサービスを使ったりと…

しかし見つからずお知り合いになった牛関係者の方のFBで、

「明日イベントあります!」「昨日、共進会がありました!」

という投稿を見つけ、がっかりする事がたくさんありました(>_<)皆さんもそのような経験があると思います。

牛イベント主催の皆さん、牛イベントを見つけたあなた!

皆さんの情報提供が、牛好きを癒し、牛好きを繋げ、牛イベントを盛り上げます(^^)

是非、うしのわに情報を集めてイベント盛り上げ、新たな牛仲間を増やす協力をお願いします♪

<投稿について>

1.うしのわに登録→ログイン後  うしのわ https://theshare.info/lovecowshare/

2.メニューボタンから”投稿する”を選びます。

3.カテゴリの中に 集まりの右下にある

サブカテゴリから該当する項目を選んでください。

イベント・・・消費推進イベント、

勉強会・講演会・・・理解を深めたい、学びたい方向けの集まり

共進会・・・・牛のコンテスト

うし会、オフ会・・・牛好きの為の交流会など

うし婚活・・・牛業界の方向けの婚活イベントなど

その他・・・上記に該当しない集まり

4、開催される地域、都道府県などを選んでください

5、タイトル、説明(詳細のページやPDF、画像などがある場合は簡単でかまいません。

6、画像を貼り付けてください。

投稿者がイベントの情報提供者(第三者)の場合はこちらの画像を使っていただければOKです。

7、投稿者カテゴリ 集まり・イベントの関係者の方は主催者・関係者

それ以外の情報提供者(第三者)は情報提供者を選んでください。

8、その他、参加対象者、動画、地図、資料(PDF)などがある方はご使用ください!

投稿例はこちら↓

https://theshare.info/lovecowshare/集まり/共進会/2017年10月7日-共進会amp畜産まつり-神奈川県茅ヶ崎市_i49

うしのわサイトの運用スタート

お知らせ♪

うし活では、今までの活動や昨年末のアンケート結果をもとに牛情報の共有サイト”うしのわ”の運用をスタートしました!

うし好きが牛情報を集結させ、うし好きを増やし、うし好き同士が繋がり大きな輪を作る。それが”うしのわ”サイトです。

このサイトは、無料で使用できます。

うしのわ登録をする事で、すべての内容の閲覧、情報の投稿、投稿へのコメント、投稿者への連絡、掲載情報を見た人から、サイトのフォームを通じて直接メールで連絡を受け取ることもできます。

Facebookのアカウントを使い、簡単に登録もできますので是非登録下さい(^-^)

うし情報を集めて、広げてうし仲間を増やす!
うし好き同士で、うしマッチング。
うし好きと牛がもっと身近に!
うし好きみんなで作るポータルサイト

多くの牛業界の方々に情報を投稿いただき、牛関係者の繋がりが強くなったり、牛業界に夢を持つ学生が増えたり、牛業界を応援してくれる消費者の方々が増えるなど、

今後のうし業界を盛り上げるキッカケになれば嬉しいです☆

今後、うし活Facebook上では各カテゴリの活用例の紹介や、オススメの投稿などをアップしていきます(^-^)

Facebookを見ていない関係者の方々にも広げて頂けると嬉しいです(^-^)

うしのわ
https://theshare.info/lovecowshare/

 

うし活アンケート2016 結果

うし活アンケート2016回答結果について

いつもうし活をご覧いただきありがとうございます。
11月に実施しましたうし活アンケート2016の回答結果を公開します。

※職業選択別の質問や個人情報を含む内容などは一部省略しております。

今回は77名の方に回答いただきました。ありがとうございます。
全国各地の様々な職業の方に応援いただけていることを知ることができ、大変うれしく思います!

回答の結果を職種別や年齢別などの傾向を見て、
うし活2017年の活動施策を考えていきたいと思います。

今後も皆さんの声を聞きながら、私たちが出来ることを1つずつ実施していきたいと思いますので、引き続きご協力・応援のほどよろしくお願いいたします。

※アンケート結果の詳細が知りたい方がいらっしゃいましたら、
直接メッセージでお問い合わせください!

https://drive.google.com/file/d/0BzAfU1PItX-lZzZ3eGpQdHl5dzg/view?usp=sharing

うし活アンケート2016グラフ(うし活公開用).pdf

うし活アンケート2016のお願い

【アンケートのお願い】

こんにちは。いつもうし活を応援いただきありがとうございます。

うし活では、酪農業を中心にFacebookで牧場訪問やうしグッズ紹介などの情報発信を行ってきましたが、今後はFacebookだけではなく、必要とされる情報(事例など)を蓄積するホームページを開設したり、皆さんが投稿できる場を提供すること予定しています。 “うし活アンケート2016のお願い” の続きを読む

うし活川柳2015 作品紹介②

 

応募作品紹介②

愛さんの作品

<川柳>
“うしに逢い
今の私が
ここにある”
自動代替テキストはありません。
<うし活より>
あなたはどのように牛と出会いましたか?生まれた時から牛と生活をされている方、旅先で牛と出会った方、仕事で牛と出会った方、牛柄好きでグッズにはまってしまった方などなど、いろんな牛との出会いがあったと思います。牛をきっかけに多くの方々と知り合い、仲間が増え、夢が見つかり、そして癒される。そんな牛との出会いが私たち牛好きの人生を大きく変えたのではないでしょうか?

私たちうし活ファミリーもこうやって皆さんと牛を中心に関わることができとても嬉しく思います。愛さんのようにうし好きの皆さんが牛との出会いに感謝し日々を楽しんでいただけることをうし活は心より願っています♪
ご応募ありがとうございました!

※今回のイラストもうし活が勝手に想像して描いたものです作者の方の意図と相違していると思いますが(;^_^Aご了承下さい。

うし活川柳2015 作品紹介①

 

うし活川柳2015
応募作品紹介

ヒロさんの作品

<川柳>
“乳搾り
如何に搾るか
知恵絞り”


自動代替テキストはありません。
<うし活より>
毎日の乳搾り。牛のお乳を搾り美味しく飲ませてもらう私たち人間。
酪農業に従事している方々は、牛に健康でいてもらうため・ストレスをかけないために、いろんな知恵を絞りながら牛を育てていると思います!この句からは乳搾りの裏にある様々な奥深い努力を感じ取ることができます。
まだまだ私たちは、牛について知らないことだらけです。もっと牛と接して、勉強しなきゃなと思わせていただけた一句でした!

ご応募ありがとうございましたー(*^^*)

※今回のイラストもうし活が勝手に想像して描いたものです。今回は表現が難しかった為、知恵を絞っている酪農家の隣に邪魔をしている犬と猫。というコミカルな感じに描きました。作者の方の意図と相違していると思いますが(;^_^Aご了承下さい。