2017.12.9「ウシノバ」実施報告 ① ウシノバの考え方について

2017年12月9日(土)。大手町牧場のカフェスペースをお借りして、牛を未来へつなぐアイデア会議を実施しました。今回、時間がなく駆け足で進めてしまったため、参加者の方々にもわかりやすく再度ご説明をします。

今回参加いただいた方は18名。畜産系大学の学生、牛好きの一般人の方、酪農団体の職員の方、講演いただいた埼玉県小鹿野町の酪農家吉田さん。写真展示をされていた牛写真家の高田千鶴さんにもご参加いただきました。

今回は第一回という事で、ウシノバの考え方を知っていただき、進めるにあたって共通認識を持ってもらおうと考えスタートしました。。

①ウシノバの目的・考え方・活動方針

ウシノバでは、牛の未来についてアイデアを考えたり、企画して実施する中で、ビジネスで使う手法(フレームワーク)などを取り入れていきます。参加者が興味のある「牛」というテーマで物事を考え取り組む中で、いろんな手法や考えを身につけることができれば、将来それぞれの立場、職場・環境の中で活躍できる牛人が増え、牛業界が成長していくのでは?という考えです。

②牛好き・牛業界人材が増える行動モデルイメージ

ウシノバを進めるにあたり、牛好き・牛業界人材を増やすための共通理解をしてもらうために上記の表を作りました。牛・酪農を”商品・サービス”と置き換え、消費者の購買行動モデル(AISAS)に当てはめました。

これは、人を動かす(集客・購買させる)ためのステップで、注目・認知させ→興味を沸かせ→検索し→行動し(買う)→人に共有する。というインターネットやスマホが普及した現代における購買モデルです。

牛のことを全く知らない人は、テレビやCM、インターネット、知人のSNSなどの情報や、偶然知人と牧場に足を運ぶなどから牛を知ります。その際に牛に興味が湧けば、牧場や牛のイベント、牛グッズなどの情報を検索し行動します。その行動先(たとえば牧場訪問)で魅力ある農家さんと知り合ったり、牛のかわいさを実感したりする事で、次の興味が沸き、(学校で学びたい)→(牧場実習にいきたい)→(牛のイベントを手伝いたい・牛好きを増やしたい)→(牛の仕事がしたい、牧場を持ちたい)など興味のステージがアップしていきます。さらにその先には、就農した人・後継者のやりがい・働く環境などのステージが存在します。

この表で一番伝えたい事は、牛の興味の度合いによって、知りたいこと、必要な事が変わる。そこを意識してアイデアや企画を組み立てないと、企画側の自己満足で終わってしまうという事です。興味の度合いを牛の興味ステージ(仮)と名づけ以下のように定義します。

ウシノバで考え、討議するアイデアは、各牛の興味ステージのターゲットに向け、アイデアを実施できる、提案できる形にしていくことからスタートします。

 

次回に続く

 

 

 

第1回牛を未来へつなぐアイデア会議~『ウシノバ』~in 大手町牧場

<タイトル> 酪農に興味を持つキッカケを探る!~動物好きの学生・子供たちに、酪農に興味を持ってもらおう~

第一回は大手町牧場さんをお借りして、酪農に興味を持ったもらうためにどんな事ができるか?どんな取り組みや制度があればよいかなどを一緒考えてみます。

ゲストに埼玉の酪農家 吉田さん 、牛写真家の高田千鶴さんにご参加いただきます。*当日は高田千鶴さんの写真展の最終日となります。

参加資格は、大学生または社会人でうし活の『牛好きを増やす。牛に関わる
仕事を子供たちの夢にする』という活動指針に賛同していただける方なら誰でも参加OKです。

牛の未来につながるアイデアを考えるワークショップを通じて、牛仲間と交流でき、自分のできる事を再認識したり、アイデアや企画提案を組み立てるスキルをみんなで身につけていけたりできる場になるよう進めていきたいと思います!

ぜひ興味のある方はご参加ください!

ウシノバについて

<実施概要>
開催日時12 月9 日(土)13:00~16:00
会場大手町牧場東京都千代田区大手町2-6-2 JOB HUB SQUARE 13 階
http://www.pasonagroup.co.jp/company/map_g.html
参加費:無料
定員:20 名
内容:
・うし活原よりうし活についておよびウシノバについて
・大手町牧場の見学および牧場担当者様よりコンセプトや今後のビジョンについてのお話
・酪農家吉田恭寛さん(埼玉県小鹿野町)のお話(酪農の未来についての課題と期待)
・酪農業界の課題についての共有とアイデアの出し方、実施の企画方法や考え方を学ぶ
・ワークショップ「~動物好きの学生・子供たちに、酪農に興味を持ってもらおう~」

募集方法WEB 申込みフォーム→ https://ssl.form-mailer.jp/fms/6f15d3e8541700

募集締め切り12 月3 日(日)

 

当日は高田千鶴さんの写真展最終日です!

「牧場へ行こう!」牛写真家 高田千鶴 写真展
会期:2017年11月18日(土)〜12月9日(土)
開場:平日 12:00~18:00 土 12:00~17:00 (日祝休館)
会場:大手町牧場
住所:東京都千代田区大手町2-6-2 JOB HUB SQUARE 13階

<うし活新企画>牛を未来へつなぐアイデア会議『ウシノバ』について

<うし活新企画>牛を未来へつなぐアイデア会議~『ウシノバ』~

『牛好きを増やす。牛に関わる仕事を子供たちの夢にする。』
そんな未来を描くための活動指針を掲げて活動をしている『うし活』ですが、私たちの頭だけの考えや、休日を利用した活動だけでは限りがあります。そこで新しい取り組みとして、牛業界を取り巻く多くの課題について、多くの人々の考えを頂戴し、課題解決に向けた取り組みを考え、多くの方々に公開していく企画をスタートしたいと思います。

<具体的な活動内容>
①課題やアイデアを集める(WEB アンケートや訪問インタビューなど)
②アイデア会議「ウシノバ」を実施する。←大学生以上なら誰でも参加可能(集めた課題やアイデアから、会議毎にテーマを決め、アイデアを肉付けし実施できる形にする。)
③ウシノバで出たアイデア(取り組みなど)を※うしのわでアイデア集として公開する。
④うし活で実施できるものは、うし活で実施。それ以外の内容はアイデア提供する。(団体や企業、個人など)
※うしのわhttps://theshare.info/lovecowshare/

<アイデア募集(WEB)>作成中
うし活HP、FACEBOOK ページ、うしのわサイトで募集

<アイデア会議「ウシノバ」>
場所:関東圏内(うし活の活動可能範囲内)
参加者:牛業界に興味のある大学生、社会人で、うし活の『牛好きを増やす。牛に関わる仕事を子供たちの夢にする』という活動指針に賛同していただける方なら誰でも参加可

目的牛業界を盛り上げる為のアイデア(企画、制度、取り組みなどの案)を具体化し、他の方が実施するヒントやキッカケを作る。また、話し合いなどを通して参加者自身が課題解決や企画立案などの知識を学ぶ機会となり、各々の立場や職場などで活かす事ができるようになる事を目指す。

実施イメージ:
・課題点の共有、(アンケートやインタビューなどで聞いた課題など)
・アイデアの考え方、手法の理解
・アイデアを少数グループで考える。(自分ができること、誰かにやってもらいたい、こんな制度や取り組みがあったらよいなど)
・アイデアを具体化する。(実施の詳細内容、必要なもの、手順などを考える。)
・アイデアの魅力、効果の伝え方を考える。
・アイデアをみんなで評価する

内容は進めながら具体化していきます。

「ウシノバ」起案者 うし活ファミリー 原